TOP > パムックブログ > 次世代の車椅子『WHILL Model C』
勉強会
2017/09/19

次世代の車椅子『WHILL Model C』

天沼
パムックブログ

今回は、WHILL株式会社様とパラマウントベッド株式会社様にお越し頂き、

『WHILL Model C』の勉強会を開催して頂きました。

 

model-c0.jpg

 

洗練されたデザインは、まさに次世代の車椅子といっても過言ではありません。

しかし、今回特にご紹介したいことは、当たり前の日常を過ごすことを

コンセプトに考えられた、その機能についてです。

 

  • 段差乗り越え・小回り機能の両立!

model-c1.jpg

 

WHILL Model Cは最大5㎝の段差の乗り越えが可能です。加えて回転半径は76㎝

(一般的なハンドル型電動車椅子は約145㎝)とコンパクトな動きが特徴です。

それを可能にしたのが、オムニホイールと呼ばれるタイヤです。

オムニホイールは24個もの小さなタイヤが集まってできており、

縦だけではなく横にもタイヤが動きます。このタイヤによって、段差と小回り機能の両立を実現しているのです。

その動きはまるで地面を滑っているかのようでした。

 

  • 持ち運びが簡単に!

model-c2.jpg

 

電動車椅子の難点の1つとして車などへの積み込み作業が挙げられます。

しかし、WHILL Model C は本体を3つに分解することができます。

しかも、分解はたったの3ステップで簡単!

 

1 バッテリーをはずしたら、座面下にあるレバーを上に上げます。

2 座面を上に引き抜きます。

3 バッテリー横にあるレバーを手前に引きます。

 

これだけでシート、ドライブベース、メインボディーの3つに分解できます。

車載するときに楽なだけではなく、家でも省スペースで収納することできますね。

私も初めて分解に挑戦しましたが、3分以内に完了することができました!

もちろん組み立ても簡単です!

 

  • スマートフォンとつながる!

     

    なんと車椅子がスマートフォンとアプリケーションで繋がります。

    スマートフォンとWHILL Model C を繋ぐと、スマートフォンでも遠隔操作や細かい速度、加減速度の設定もできます。また、走行距離やバッテリーの充電回数がわかるため、タイヤやバッテリーの交換時期の目安をつけることもできます。

     

     

    近くの公園まで行きたい。ちょっと遠くまで旅行に行きたい。そんな日常を快適に過ごすために、WHILL Model C はサポートをしてくれます。

     

    電動車椅子の初めてのご利用をご検討の方、現在ご利用中で乗り換えをご検討中の方は、

    是非お問い合わせ下さい。

     

    WHILL 株式会社様、パラマウントベッド株式会社様、ありがとうございました!

     

    WHILL Model C基本情報

    走行距離         16㎞ ※路面状況等により変化

    最高速度         6㎞/h

    段差乗越          5㎝

    登板力           10度

    最小回転半径     760mm

    サイズ(縦×横×高さ)  550×985×740-940mm

    重さ              約52kg

    充電時間          5時間

    最大荷重          115kg

    購入金額     45万円~

    介護保険レンタル 2,500~3,000単位程度/月


R.jpg