TOP > パムックブログ > 第1弾 年末年始に効果を発揮する『高濃度酸素』 
2017/12/05

第1弾 年末年始に効果を発揮する『高濃度酸素』 

天沼
パムックブログ
今年も残りわずかとなりました。
お仕事や、お付き合いでフル回転の日々にオキシーズがあなたを全力サポートいたします!
『なぜ、高濃度酸素を吸うと疲労回復するのでしょうか?』

疲労物質である血液中の乳酸を分解するためには酸素が必要です。
乳酸は人間の生命エネルギーであるATP不足により蓄積されます。
ATPは酸素を燃料として生成されるため、ATP不足は酸素不足といえます。
したがって、高濃度酸素吸引により酸素を補充すれば肝臓の代謝が高まり、血液中の乳酸が燃焼され疲労が回復する
のです。
また、同じように心拍数も低下します。

『酔い覚めが早くなるのは何故でしょうか?』

アルコールが分解されるときには、たくさんの酸素が必要とされます。
そのため体内の酸素が不足すると、アルコールの分解に時間がかかるのです。。
酸素が不足した状態で大量のアルコールを摂取すると、頭痛や吐き気、2日酔いの原因となるアセトアルデヒドが体内に
残り続けてしまいます。
そこで体内に高濃度酸素を取り入れ、アルコールの分解を補うと、高濃度酸素により肝臓の代謝が高まり、アルコール
分解時間が短縮されるのです。
そのことに関する実験結果によれば、高濃度酸素吸入した場合とそうでない場合の飲酒(ビール350ml)後の呼気中の
アルコール濃度の時間変化を比べると、前者の分解時間が35分に対し、後者は65分かかりました。

(メーカーHPより)

詳しくはこちらのページもご覧ください。

R.jpg