車椅子や福祉用具の販売・レンタルからオーダーメイドまで
できるをふやす、のぞみをかなえる。わたしたちは「パムック」です。

0120-24-8629

<受付時間> 月~金 9:00-18:00

(年末年始・祝日を除く)

高濃度酸素発生器 酸素高原 PSA-3000

TOP > 福祉用具レンタル・販売 > 高濃度酸素発生器 酸素高原 PSA-3000

すべての人に酸素の力を

 

オキシーズとの違いは2人同時使用が可能です。
また、カートリッジの交換が不要です。

ご利用者は、スポーツ競技団体・ホテル・美容サロン
フィットネスクラブ・運送会社(眠気防止)動物病院
受験生、その他、酸素の秘めたパワーを活用する場は
多岐にわたります。

酸素高原 PSA-3000

高濃度酸素発生器 PSA-3000

 

oxyz00.jpg 
oxyz00.jpg 

PSA-3000についてのお問い合わせはこちら

oxyz00.jpg 

PSA-3000についてのお問い合わせはこちら

高濃度酸素の効果について

 

体内における酸素の役割と酸素欠乏症について

人間を含め多くの生物は酸素を吸って生命活動をしています(呼吸)。酸素は生物が生きて活動するために必要なエネルギー(ATP:アデノシン3リン酸)を細胞内のミトコンドリアで作り出すいわば燃料です。そのために酸素は生命にとって不可欠な分子なのです。肺から吸い込んだ酸素はヘモグロビンの鉄分と結びつき、血液によって全身の細胞にくまなく運搬されます。そして細胞内のミトコンドリアで体内に摂取された糖や脂肪、タンパク質などの栄養素が燃焼(代謝)され、ATPを生成します。酸素がなければATPが生み出されず、人は生きることができません。このATPが不足した状態が酸素欠乏(酸欠)です。酸素の供給量が不十分だとエネルギー不足に陥ってしまいます。疲労物質である乳酸や肥満の原因となる脂肪などは、それらを燃焼する酸素が足らないことにより蓄積されるものです。酸素不足の状態が続くと、心臓病、脳卒中、腎臓病、痛風、糖尿病、高血圧などさまざまな病気を引き起こしてしまいます。また、体内の酸素が3%足りないと、1日の3分の1を無呼吸で過ごしているのに等しいといわれています。

 

 

何故、高濃度酸素を吸うと疲労回復するのか?

疲労物質である血液中の乳酸を分解するためには酸素が必要です。乳酸は人間の生命エネルギーであるATP不足により蓄積されます。ATPは酸素を燃料として生成されるため、ATP不足は酸素不足といえます。したがって、高濃度酸素吸引により酸素を補充すれば肝臓の代謝が高まり、血液中の乳酸が燃焼され、疲労が回復するのです。また、同じように心拍数も低下します。

 

 

ダイエット効果があるのは何故?

体内には「リパーゼ」という脂肪分解酵素があり、そのリパーゼの働きを活発にさせるためには酸素が不可欠だからです。高濃度酸素吸引によって、血液中に取り込まれる酸素量が増える結果、リパーゼの働きが活発化します。逆に体内の酸素が不足するとリパーゼが活発に働かず、脂肪分解が残り、それが肥満や糖尿病の温床になるといわれています。

 

 

記憶力や集中力が向上するのは本当か?

一般的な環境(空気中の酸素濃度約21%)で学習した場合と、濃度30%の酸素を吸引しながら英単語の学習を行った場合と比較したところ、高濃度酸素を吸いながら学習したグループの記憶量が15%上昇したことが、代々木ゼミナールと名古屋工業大学の共同検証で明らかになっています。また、試験前と学習後に気分と疲労度についての主観VSA(Visual analogue scale) にて評価した結果、高濃度酸素を吸引しながら学習を行うことで、学習に伴う疲労感が軽減されることも示されています。これは高濃度酸素吸引により脳が活性化されることを示唆しています。

 

 

PSA-3000についてのお問い合わせはこちら

美容への効果について教えてください

肌荒れの原因はストレスや生活習慣の乱れに起因する免疫機能の低下といわれています。皮膚細胞は周期的に古いものから新しいものに入れ替わります。新陳代謝が活発であれば、このサイクルが正常に繰り返され、ほどよい水分と油分を保った肌の状態が持続されますが、皮膚細胞の入れ替わりに遅れが出ると古い細胞がいつまでも肌に残ることになり、潤いを欠いてしまうのです。さらに古い細胞などの老廃物が表皮に残り、肌荒れやくすみの原因になってしまいます。高濃度酸素の供給によって肌の細胞のすみずみまで酸素が行き届くようになれば、新陳代謝が高まり、肌の潤いや張り、きめ細やかさが向上する効果が期待できます。

 

 

酔い覚めが早くなるのは何故?

アルコールが分解されるときには、たくさんの酸素が必要とされます。そのため体内の酸素が不足すると、アルコールの分解に時間がかかるのです。酸素が不足した状態で大量のアルコールを摂取すると、頭痛や吐き気、2日酔いの原因となるアセトアルデヒドが体内に残り続けてしまいます。そこで体内に高濃度酸素を取り入れ、アルコールの分解を補うと、高濃度酸素により肝臓の代謝が高まり、アルコール分解時間が短縮されるのです。そのことに関する実験結果によれば、高濃度酸素吸入した場合とそうでない場合の飲酒(ビール350ml)後の呼気中のアルコール濃度の時間変化を比べると、前者の分解時間が35分に対し、後者は65分かかりました。

 

 

記憶力や集中力が向上するのは本当か?

一般的な環境(空気中の酸素濃度約21%)で学習した場合と、濃度30%の酸素を吸引しながら英単語の学習を行った場合と比較したところ、高濃度酸素を吸いながら学習したグループの記憶量が15%上昇したことが、代々木ゼミナールと名古屋工業大学の共同検証で明らかになっています。また、試験前と学習後に気分と疲労度についての主観VSA(Visual analogue scale) にて評価した結果、高濃度酸素を吸引しながら学習を行うことで、学習に伴う疲労感が軽減されることも示されています。これは高濃度酸素吸引により脳が活性化されることを示唆しています。

 

 

何故、スポーツ選手は高濃度酸素を吸引するのか?

大きな理由としては2つに絞られると思います。ひとつは運動能力の向上であり、もうひとつは疲労回復です。 まず運動能力の向上に関してですが、運動ではその強度や持続時間によって疲労因子、すなわち運動を制限する因子が出現し、増えていきます。血液中の乳酸の増加、水素イオン濃度の低下、1回呼吸量(換気量)の低下、呼吸数・心拍数の増加、血圧の上昇などがそれに当たります。高濃度酸素はこれらの制限因子に対して影響力を持つのです。 一例ですが、ランニングマシンを使用して毎分300メートルの速度でのランニング運動を毎日行い、心拍数、乳酸、持続時間を指標として、高濃度酸素の影響について調べてみました。するとトレーニングの回数に伴い、心拍数の低下が認められ、乳酸が低下し、1分間の心拍数170に到達するまでの時間が3、4倍に伸びてきました。高濃度酸素の影響はその時だけの一過性の現象ではなく、持続的な効果があるのです。 次に疲労回復についてです。前述の回答にもあるように、高濃度酸素には疲労物質である乳酸を分解させる効果があります。アスリートは身体に負荷のかかるトレーニングをしますが、筋活動が高まって酸素が不足すると、ミトコンドリアでエネルギー(ATP)が生成されなくなります。そうなると身体は酸素を利用しないATP生成を試み、その際に疲労物質である乳酸が生じるのです。それにより体内に乳酸が蓄積し筋力疲労を引き起こしてしまい、運動能力が低下すると考えられているのです。次回のトレーニングあるいは試合に疲労を持ち越さないためにもアスリートは高濃度酸素を吸引し、乳酸を取り除こうとしているのです。

 

 

高濃度酸素が長距離ドライバーの疲労を軽減するのは本当か?

高濃度酸素吸引により、運転中の眠気やふらつき等を防ぎ、ドライブの安全性、安定性を高める実験結果があります(秋田大学、2008年)。主に眠気が発生すると上昇するRRI値(心電図に表れるR波とR波の間隔)を用いた実験により、高濃度酸素吸引時の眠気発生が非吸引時よりもRRI値が低いということがわかりました。同じように、ふらつき運転の予防や運転距離の飛躍の効果も見受けられました。

 

 

高濃度酸素が認知症予防に効果的と聞いたが本当か?

新聞発表された記事によると、高酸素濃度環境が認知症患者の脳機能の活性化に効果があることを信州大学医療技術短大の藤原孝之教授らのグループが実証しました。臨床実験では、対象者50人に週5日、30分ずつ平地と同じ気圧で酸素濃度だけを約30%濃く設定した室内で過ごしてもらい、これを4週間続けた後、脳波を測定しました。その結果、一般に健常者に比べて低い周波数の成分が多いとされる対象者全員の脳波に、高い周波数の成分が増加し、健常者の脳波の状態に近づいたといいます。 加齢により心肺機能が低下した高齢者は、体内で最も酸素を消費する脳への十分な供給ができなくなっていきます。脳細胞は皮膚細胞などとは違い、一度失われると再生が難しいといわれています。したがって、脳に必要な酸素を送り続けるための高濃度酸素吸引が認知症予防に有効と考えられるのは想像に難くない話です。

 

 

高濃度酸素を吸うと活性酸素が増えるのではないか?

高濃度酸素吸引によって活性酸素は増えません。酸素分子が反応性の高い分子と化合してできる活性酸素は老化やガン、生活習慣病などさまざまな病気の原因とされています。酸素と活性酸素との問題は最近になって発言したものではなく、我々の生命体が誕生した時から持ち合わせている機構であり、酸素が生命エネルギーを生み出すと同時に活性酸素が発生します。ただ活性酸素は全く不要なものではなく、それにより細菌や有害物質を取り除いています。通常では活性酸素を分解する酵素(スーパーオキシディスムターゼ、カタラーゼなど)が働き、障害を防いでいるのですが、ストレスや大気汚染、過度な運動などによってこのバランスが崩れると多くの活性酸素が発生し、細胞に障害をきたしてしまいます。高濃度酸素の吸引による活性酸素の発生や増加を懸念する人がいます。しかし、実際に弊社酸素発生器(酸素濃度40%)を1週間吸引し、尿中に出現する8-OHdG(活性酸素による核の損傷の指標)を測定する実験を行いましたが、その結果では全く変化はありませんでした。よって、高濃度酸素を長期間吸引しても活性酸素が増えることはありません

以上、メーカーHPに掲載のQ&Aより

 

お問い合わせはこちら

お電話から

0120-24-8629

受付時間:9:00~18:00

FAXから

03-5666-4802

24時間受付

メールフォームから

お問い合わせ